オカマ 対処法

必ず警察を呼びましょう

まず、車になんの異状もあな状態だったとしても、必ず警察を呼ぶようにしましょう。
相手方が即、示談をしようとしてもその誘いに乗ってはいけません。
事故の証明は、警察に届けていなければなりませんし、
たとえ被害者だったとしてもけいsつに知らせる義務があります。

 

警察に通報する前に、相手の免許証と車検証を確認し、
あて逃げされないように注意が必要です。

医療費について

体の不調は、後から出てくることもあります。
実際には、ひどいむち打ちになると全治しない場合もありますので
一生付き合うことになる場合があります。

 

そういう場合には、レントゲンで頸椎の並びが完全にずれていることがわかりますので、医療費を貰えばそれで済むというようなものではありません。実際に、そういったケースの場合には車の後部座席まで完全につぶれるような事故になると思いますのでめったなことでは後遺症は心配しなくても大丈夫です。

 

普通の保険には、医療費は含まれていても、後遺症などの精神的な苦痛を一切考慮に入れていないのが普通ですから、初期の段階でお医者さんにはどの程度のむち打ちかしっかり確認しましょう。

車の補償について

自動車の保証は、修理することが前提です。
事故によって、車そのものの価値が下がってしまうことを全く考慮に入れていないことが大問題だと思います。修理をすれば乗れる場合には、保険会社は修理費を支払うだけですから、100%相手に過失がある場合には大変な損失です。

 

そこでその車が修理できるかどうかですが、保険会社には任せないほうが良いと言えます。一番良い解決法としては多少グレーな手法として、その車を売って廃車にすることができるかの検討をすることです。あなたの車がたとえ1か月しか乗っていない新品同様だったとしても、新車を購入できるほどの保証は出ませんので納得ができるとは言えないのです。

 

実際には、買取業者にその修理しない状態で買取してもらい、修理費を保険会社に請求してもらうというのが賢い方法だと思います。決して得にはならないと思いますが、修理した車を下取りに出す時には、下取り価格は事故車としての価値しかないことを考えれば検討の価値ありは十分あると思います。

 

車買取については、さまざまなサイトを参考にされると良いと思います。

 


100%自分が悪くない場合の対処法について書きたいと思います。医療費は立て替え払いをして保険会社から受け取れますが、 車の価値の低下については何ともできないのでしょうか?